無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 北海道などで主流はバス型霊柩車   

宮型霊柩車のベース車で、トヨタ・クラウンワゴンや前出のキャデラックを使用していたが、洋型霊柩車は、トヨタ・クラウンエステートなどの高度なワゴン車をリムジン化して使用することが多い。 高級3ボックスセダンを改造すると、通常の場合、後部のステーションワゴンのような形になる。 その一方で、少数の究極のフォーマル性を探して、高級セダンを3ボックスの状態のリムジン化された高級リムジンのようにしか見えないタイプもある。このタイプは、後部の開放を拡大するために、ダイハツ・アプローズやシトロエン・エグザンティアと同じノッチバックのように見えることのハッチバックに改造されている。 元の高負荷に耐えることができる貨物車である、背の低いシングルキャブのピックアップトラック(主にトヨタ・ハイラックスやダットサントラック)で、この会社の高級車のフロント部分を移植(顔面スワップ)して、宮型架装するなどの方法で威厳を持たせることもあった。 宮型霊柩車は、主に仏教神道式会葬でのみ使用することはないが、逆に仏教式でも、洋型霊柩車は使用されている。前に言ったように宮型霊柩車は量である、一部の火葬場では宮型を排斥する宗教思想の多様化を介して宮の形式が使用されていない場合などに対応する為、増車や経年劣化等などによる車両交換時の柔軟性の高い欧米型霊柩車に鞍替えを導入する企業もある。 欧米では、巨大なバック・サイドウィンドウを設置したりして、棺をあえて車外から見える複数したタイプもある。 今までの大型高級車を使用するのが一般的でしたが、光岡自動車でトヨタ・カローラフィールダーベースの"ミツオカリムジン type2-04(ニイゼロヨン)"が発売される。 バス型霊柩車 大型バスや小型乗用車を改造して作られており、地域限定の特例として棺のほか遺族僧侶(神官牧師)*葬儀の出席者などを乗せるスペースがある場合がある。地域的な違いが大きい。特に冬の気候が厳しいから家の葬式が少なく葬儀場葬儀が多い北海道などで主流となっている。フロントエンジンタイプのマイクロバス後部の棺になるタイプが基本であるが、北海道では、中大型観光バスの車体をベースにしているものもある。この場合、棺は、トランクルームに設置された収棺スペースに入って、この部分の座席は撤去されている。 前述のように、霊柩車自体の価格が高価であるため、葬儀費用が霊柩車の種類に応じて変動する場合も多い(バス型、洋型、宮型の順に高額である)。
[PR]

# by yuritjgdk | 2010-07-09 15:15